終活とは?最期を迎えるための自分なりの準備

終活とは?最期を迎えるための自分なりの準備

この記事では、近年聞くことも多くなった「終活」についての情報を簡単にお伝えしていきます。

終活とは何なのか、どのようなことを行うのか、詳しく知らない人も多いのではないでしょうか?

終活とは何なのかを知り、最期を迎えるための自分なりの準備をしておきましょう。

終活とは?

終活とは?

終活とは、自分の死に対して向き合い、受け入れ、自分の死を向かい入れるための準備をする活動を指します。

人生の終わりについて考える活動を略したものでもあり、2011年2012年頃には社会現象となるほど、世の中に浸透したものでもあります。

その頃はちょうど、「団塊の世代」と呼ばれる人たちが定年退職を迎える時代で、日本の高齢化社会を象徴する時期と重なっていたことも要因となっています。

定年退職後に自分の人生を振り返ったり、最期について考える時間も増えることから、このような活動に人々の目が向きはじめました。

終活の目的は?

終活は自分らしい最期を迎えるための準備とされることが多いですが、家族がいる人も多いです。

そのため、優先して考えられていることの1つには、自分の死後に家族の負担をなるべく減らすということが挙げられます。

そのためには、何をすべきなのかを考え、準備することも終活の一部なのです。

遺言書を書く

人生の最期と聞くと、やはり遺言書が思い当たるかと思います。

実は、この遺言書も終活の1つとして考えられています。

自分の遺産相続などを円滑に行うために重要で、死後でも自分の意思表示をはっきりとさせるために必要になってきます。

自分のお墓を決めておく

自分が最後を迎えたあとのために、自分のお墓を決めておくことも、終活の1つです。

最近では、先に自分のお墓を建てる人も増えてきています。

自分の死後に家族の負担を減らすことにも繋がるので、積極的に自分のお墓を決めている人も多いようです。

また、事前に費用も自分で払うことができるので、納得した上で自分のお墓を建て、家族の負担も減らせます。

近年では、デザイン性を重視したお墓もあり、まるでマイホームを選ぶかのような感覚で楽しむ人も少なくないそうです。

まとめ

さて、今回は「終活」とは何のかということについてお伝えしてきました。

自分らしい最期という言葉に様々意味があり、その人それぞれの自分らしさがあります。

じっくりと考える時間を設け、自分の最期を迎える準備をすることで、残された家族の負担を軽減させることもできるんです。